自然との暮らしの美しさと美味しさと厳しさと

私がベランダで野菜を作り始めたきっかけとなった、五十嵐大介さんの漫画「リトル・フォレスト」。 自然の近くで暮らすことや、私がやってみたいと思っていることはこの作品の中に全部あ...

自分の流動性を高くしておきたい、と改めて

出口治明さんの『働く君に伝えたい「お金」の教養』を読んで、変化のスピードが速い時代の中で、お金・自分に対する投資をどのように考え、行動していくかを考えました。

暮らしと仕事をグラデーションでもっと近くに

伊藤洋志さんの「ナリワイをつくる」の考え方は、地方移住するときに大いに役立つのではないかと考えています。 1つで大きく稼ぐのではなく、小さなものを組み合わせたり季節によって変えたり。自分たちが欲しい、したい暮らしをすることを通して仕事になる。これが理想形です。

移住はゴールでもない、暮らしはずっと続く~移住女子を読んで~

「移住女子」を読んで実際に移住した人たちが、移住した後に感じていることが見えてきました。 「移住」は目的ではなくて、暮らしのための手段なんです。自分がどんな暮らしをして、その地域と関わっていくかを考えていこうと思います。