地方都市松本で車を持つことの、良かった所と注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

松本暮らしの車

松本市に住んで、初めて車を持った私たち夫婦。今回は、松本で車を持ってみて良かったことと注意点を詳しく書いてみます。

前回の「長野県への移住に車購入は必要?移住してやりたいことが何かを考える」では、地方都市に住むのであれば、車を購入するのは状況に合わせてしっかり検討した方がいい、という内容でした。

このなかでは、車はなるべく持たない方がいい!みたいな流れで書いてしまいましたが、

車を持ったことで、自由に動けるようになったことや便利になったことも、もちろんたくさんあります。改めて、車の便利さと良さを感じていますよ。

この記事は、地方都市への移住と車の購入を考えている方に参考になれば、と考えて書いています。

結論を先に言ってしまうと「地方都市のいいとこどりと車での便利さは、意外とお金がかかる。でも、やりたいことがすぐできる環境は最高」ということです。

地方都市 松本で車を購入して良かったこと

晴れて車で行った山

松本に住んでいる私が、実感として感じている車があって良かったことをご紹介します。

1.大きな荷物を運べる・公共交通機関を調べなくていい

当たり前のことしか書いていませんが、やっぱりスノーボードや登山に行くとき、車を持っていないと、不便&調べることが多いのですよね。

スノーボードをバスに載せられるかとか、登山口までのバスとか……その手間と時間が大幅に短縮されたと感じています。

2.使いたいときに使える

それから、朝起きてみて天気がいいからでかけよう!というのも、レンタカー・カーシェアとは違い、使いたいときに使える便利さです。

3.天気に左右されにくい・行動範囲が広がる

当たり前ですが、雨の時も快適で、自転車では行けなかった場所にも行けます。

4.公共交通機関よりも時間を短縮できる

地方は電車やバスの本数自体が少ない場合、距離はそんなにないのに、待ち時間がどうしても多くなってしまうのです。

車ならば、自分が運転すればすぐに動き出せます。

地方都市 松本で車を購入する場合の注意点

次は注意点です。「地方都市で」購入する場合なので、車が必ず必要な場所である限界集落なんかは当てはまりません。

1.家賃と車の購入・維持費を合わせると、都心部の家賃を超える場合も多い

「地方は家賃が安い」ってよく言われますよね。もちろん、東京の23区内よりは安いです。

でも、その「安い」の割合は場所によってまちまちなんです。

考えてみれば当たり前なんですけど、便利で人が集まる地方都市はそれなりにするし、そこから離れるにしたがって家賃はどんどん下がっていきます。

だから、簡単に何も考えずに「東京じゃないから車買えるっしょ」と判断しない方がいいです。

家賃を比較してみる

試しに、私たちが以前住んでいた東京都中野区の家賃相場と、松本市の家賃相場を比べてみます。

中野区 1LDK 家賃相場 130,000円

松本市 1LDK 家賃相場 85,000円

ライフルホームズ 家賃相場 2018年9月11日調べ

感覚的には、このライフルホームズの家賃相場は中野区にしろ松本市にしろ、ちょっと高すぎる気がしますが……

だいたい、松本市の家賃は中野区の家賃の65%で、差額が45,000円ということになります。

私達が実際に住んでいた中野区と松本市の家の家賃を比べると、ほぼ同じ比率になっていますので、金額のずれはあるにせよ、割合は大体合っていそうです。

割合は同じですが金額は上記の値段よりも安いので、差額はもっと小さくなります。

車の購入費・維持費を考えてみる

次に月あたりの車の購入費、維持費をざっくりと考えてみます。

新車にせよ、中古車にせよ何年くらい乗る予定でしょうか。(ここでは売りに出すことは別に置いておきます)

ローンの場合は、月々の支払額を購入費とします。

一括購入の場合は、総購入費を使用予定年数で割って、さらに12で割って月々の負担額を出してみます。

車の維持費は、「実際、車の維持費っていくらかかるの?」の記事で計算した費用を使います。

私たちは、購入・維持費合わせて月々43,000円ちょっとでした。

家賃と車の購入・維持費を合わせて考えてみる

家賃とさっき合わせた購入・維持費を合計してみてください。

私たちの場合、今の松本市の家賃と車の費用を合わせると、中野区の家賃よりも高くなります。

ざっくりとですが、こんな感じで計算してみました。

ここは、収入・感覚など人によりけりで一律には言えないのですが、地方に移住すると収入は減る場合が多い、ということを考えると注意が必要です。

「地方は家賃が安いから」というイメージだけで決めてしまうと、あとで「なんかお金がない…こんなはずでは…」と後悔することになってしまいます。

2.車の購入代・タイヤ代は地方だからと言って安くはない

中古車を購入するときに実感したのですが、インターネットがあるおかげで、全国どこからでも購入できます。

ネットでの表示価格は、最安値で出しておかないとお客さんが来ないのだそうです。

車が必要な地方だからと言って車の購入費・タイヤは安いわけではないです。

3.地方都市は意外と渋滞が多い

渋滞の様子

松本は渋滞が多いです。長野市も結構渋滞が多いようですね。

地方だからと言って、すいすい運転できるわけではなく、車通勤の人も多いので時間帯によりますが意外と渋滞は多いです。

地方都市で車を持つこと まとめ

今までのことをまとめると、

  • 地方だからと言って家賃が急に下がって、簡単に車を持てるようになるわけではない
  • 地方都市は人もそれなりにいるので、渋滞する
  • 車を持っていると、暮らし・遊びには圧倒的に便利

「みんなが必要っていうから」「地方は車がないと!」と何も考えずに車を購入するのはキケンです。

でも、車を持っていることで得られる時間・自由さ・便利さには価値があります

移住を検討している方は、一度家賃相場や車の維持費を調べて、シュミレーションしてみることをおすすめします。

お金のことも考えた上で、納得して便利に使えるのが一番ですよね。

車は楽しい時間を圧倒的に増やすから、アクテビティへの投資

メンテナンスとか税金とか面倒くさい・出費も前より増えるけど、自分たちがやりたいこと・アクテビティへの投資だと思えば、安いものです。

遊び場が近いから、月に何度もバスや新幹線に乗って、長時間かけてあそびに行くこともなくなります。

ここまで色々書いてきて、私の結論は「車があることで、やりたいこと・楽しいことに使える時間・チャンスが圧倒的に増えるから、買って良かった」です。

同じ車を購入するにしても「何となく必要そうだから車を買う」よりも

「これがあることで、暮らしが楽しくなる」と実感しながら使えた方が、後悔もなく満足度も高いはずです。

地方都市への移住・車購入を考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする