オンライン飲み会、やってみたら可能性をたくさん感じた話

飲み会
スポンサーリンク

飲み会(3~4人位の)は結構好きです。私はあまり量をたくさん飲むことはできませんが、その雰囲気が好きなのです。

でも、移住をしてきて飲み会はほぼなくなりました。

近くに友達が少ないことや、自分に職場がなかったこと、車移動が当たり前になると気軽に飲みに行けないことなどが理由です。職場があるayuさん(夫)もこの1年で飲み会は数えるほど。

夫婦で飲みに行くのも楽しいのですが、たまにはワイワイ飲みたいなぁと思うこともあります。

 

それから、SNSを通じて同じように信州内に移住してきた方とやりとりするようになり、一度お話してみたいなぁなんて思うこともしばしば。

とは言え、長野県は広いですし山を越えて夜に会うというのはなかなかハードルが高いのですよね。車の問題も発生しますし。

また、小さなお子さんがいると飲み会に参加するハードルはさらに高くなってしまいます。

 

そんな時にやってみたのがオンライン飲み。昔からあったとは思いますが、移住して初めて自分もやってみたいと思うようになりました。

 

オンライン飲み会をやってみようと思ったきっかけ

移住後のお仕事探しのパソコン

昔からSkypeで音声通話やチャットはしたことあったけど、Web会議なんかもやったことがなかったですし、

プライベートでもカメラを使ったビデオ通話などは、ほぼ使ったことがありませんでした。

Skypeが出てきた時に使っていた印象が強くて「音質悪くて聞きづらい、途切れる」そんなイメージもありました(いつの話だよって感じもあるのですが)

 

そんな私がやったこともないオンライン飲みをやってみよう、と思ったのは面接をオンラインで受けたこと。

この時、すごく快適にやり取りできたんです。

細かい設定もいらないし、ぽちっとやっただけでスタート。

もちろんお互いのネット回線の状況なんかは考慮する必要がありますが、音声も画像もカクカクしないし聞きやすいし(何年前の話…)画像もきれい。時間差もない。

使ったツールも簡単で分かりやすいし、無料だし。(後述します)

 

これなら、ちょっと気になってたオンライン飲みできるんじゃ……とやる気になりました。

使用ツールは“appear.in”

appear.in画像

今回使ったのはappear.inというツール。

面接で使って「おお簡単」とびっくりしたものです。

 

1番使い勝手がいいなと思うポイントは、参加者はアカウント登録・ログインなどが必要ない事(ただし、ルームを作成する1人はアカウント登録が必要)。

Skypeなどは、お互いにアカウント登録と相手のアカウントを知っておく必要があります。

ですが、appear.inは1人がルームを作成してそのURLを参加者に共有、

各参加者はそのURLをクリックするだけでWeb会議が始まります。

※スマホやタブレットはアプリのインストールが必要です。

 

もちろん無料で使えます。

ただし、無料版なので人数が4名までという制限があります。時間は今のところ無制限で使用できます。

人数が多い場合は50名まで利用できるZoomが良さそうです(こちらは無料版の場合、時間制限があります)。

初めてオンライン飲み会をやってみた感想

さて、今回は初めてということもあり、こじんまりやりたいなと思っていたので

Twitterでオンライン飲みのつぶやきに反応してくださった(プラスお酒好きそうな)、東御に移住してきたぱせりさんにお声がけしてみることにしました。

子供を寝かしつけた21時開始

開始の時間は、ぱせりさんのお子さんが寝た後、21時。

本当は、ぱせりさんのご主人も参加予定だったけど、お子さんと寝落ちしてしまったらしく参加者はぱせりさんとうちの夫婦の3人に。

パソコンの前にお酒とおつまみを用意してスタンバイ。

最初はちょっと緊張していましたが、最後は盛り上がる

ぱせりさんとはこれが初対面です。

初めてオンライン飲み会するくせに、初対面の人をお誘いするなんてどうかしてるかも、なんて始まる直前にはちょっと緊張していましたが……

最終的には色々話が盛り上がり、2時間くらいかな、なんて思っていたのに気づくと3時間近く経っていました!!

心掛けていたこと

さすがに声をかけた身ですし、少し予習をしておかなくては……とオンライン飲み会の際の注意点を予習。

  • 乾杯とか、ビールをプシュっとやるときはカメラに向かって
  • お酒やおつまみは何を飲んでるとか食べてるをお互いに紹介すると良い
  • 人がしゃべってるときに、重ねてしゃべらない(重なると聞き取りにくい)
  • ゆっくり目に話した方がいい

心掛けていたことはこの位なんですが、とっても楽しい時間になりました。

オンラインなので、人が話し出すタイミングがわかりにくいことがあり、同時に話し出してしまう・お互い譲ってしまうなどもありましたが、ここは慣れが必要かも。

 

オンライン飲み会は、車社会の地域や子育て世代にぴったりなのでは……!

日本酒の飲み会

今回やってみて実感したのは、オンライン飲み会の可能性です。

飲み会は好きだけど、車必須の地域に住んでいたら帰りの交通手段(運転代行やタクシー)が気になって、気軽に誰かと飲みに行くことはなかなか難しいし、

子育て中であれば(自分がまさにその年齢)さらに「気軽に」は難しい。

 

また、離れて暮らす友達とちょっと落ち着いて話したい、もしくは大したことじゃないけど近況報告したいな、って時もあると思います。

お互い忙しいので、なかなか「集まって」というのも難しい。

かといって電話、というのも「用がないのにどうしたの?」みたいになってしまいそうです。

 

子育て中の友達や、自分と同じように移住して離れて暮らす友達と、たまにはワイワイしゃべりたいな、と実際に顔が浮かびます。

 

まだまだ一般的じゃないので、最初のハードルこそ高そうですが、一度やってしまえば気軽にオンラインで集まる回数が増えそうです。

便利な道具は使ってみて、新しいコミニュケーションの形ができればいいですよね。

 

とっても楽しかったので、また今回のようにオンライン飲み会開催予定です。

関連記事と広告