都市銀行の口座を、地方でも賢く便利に利用する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

時計台とビル

普段どちらの銀行を使っていますか?

都市部に住んでいるとATMや支店もたくさんあるので、特に考えずに都市銀行を使っている人も多いと思います。

ただ、地方に引越しをすると都市銀行の支店やATMはぐっと少なくなります。

全国どこにでもあるゆうちょ銀行を利用するのも一つの手ですが、クレジットカードなど引き落とし口座を変更するのも、枚数が多いと手間がかかりますよね。

引越し直前に調べてわかったことですが、私たちが主に使っている都市銀行は支店もATMも長野県内には全くないとのこと。なんてこったい……

これだと、住所変更もお金をおろすこともできない……

コンビニATMでもお金をおろすことはできますが、毎回手数料を払うのはもったいない。超超低金利の時代ですからね。

かといって、引越しをするたびに地方銀行の口座を作っていたら管理も大変です。なんとかそのまま都市銀行を利用して、手数料を抑える方法はないか調べてみました。

都市銀行の提携銀行で、平日昼間であれば手数料無料で利用できるところがある

ざっと調べたところ、数は少ないですが都市銀行と相互利用の地方銀行で、平日の昼間なら手数料無料でお金がおろせるようです。(2018年5月の情報です)

  • みずほ銀行→イオン銀行・ゆうちょ銀行・ステーションATM Patsat など
  • 三菱UFJ銀行→イオン銀行・JAバンク・十六銀行・中京銀行 など
  • 三井住友銀行→関西アーバン銀行・みなと銀行・三重銀行・名古屋銀行 など
  • りそな銀行→近畿大阪銀行・関西アーバン銀行・みなと銀行・バンクタイムATM など

ゆうちょ銀行とイオン銀行なら、なんとか近くにある方も多いでしょうか。

私たちもイオン銀行に助けられています。ただ、手数料無料なのは平日の昼間だけなので、その時間にお仕事をしている方はなかなか不便です。

また、この中に近くの銀行がない方も多いと思います。

インターネットバンキングを利用して、住所変更をしてさらに手数料を無料に

お金をおろすことももちろんですが、住所変更や出入金の確認もしたい。それはやっぱり、他行ではできません。

インターネットバンキングを利用すれば、面倒な住所変更や出入金の確認ができる上に

条件によってはコンビニでの各種手数料も無料になるので、かなり便利になります。

都市銀行の住所変更

まずは住所変更。住所の変更方法はどの銀行も以下の4つです。

  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • 店頭

一番手軽で早く、出入金の確認もできる上に、コンビニATMの手数料を無料にする条件にインターネットバンキングの登録が入っていることが多いので、インターネットで変更するのがいいと思います。

まずは、各銀行のインターネットバンキングに登録をして住所変更をしてしまいましましょう。

どのサービスも、口座を作ったタイミングなど最初に登録した取引番号やパスワードが必要です。

コンビニの利用手数料を無料にする方法

それぞれの銀行で、ある一定の条件をクリアできればコンビニATM利用手数料が無料になるサービスがあります。詳しく調べてみました。

※2018年5月の情報です

・みずほ銀行

必ず必要な条件

・みずほマイレージクラブ(クレジットカード)に申し込む

・みずほダイレクトorかんたん残高照会の初回登録

さらに以下の中からどれか一つ満たしていることが必要な条件(毎月判定)

・マイレージクラブの利用・引き落とし

・給与の受け取り

・25歳未満の学生

・オリコカードの引き落としがある       などなど

詳しくはこちらから確認してください→みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の「取引条件」

条件を満たすと、月に4回までATM手数料が無料になります。

・三菱UFJ銀行

必ず必要な条件

・スーパー普通預金(メインバンクプラス)の口座である

・三菱UFJダイレクトの初回登録ログインをしている

さらに以下の中からどれか一つ満たしていることが必要な条件(毎月判定)

・1回10万以上の給与の受け取り

・残高30万円以上

・MUFGカードの引き落とし     などなど

詳しくはこちらから確認してください→「スーパー普通預金」優遇内容と判定条件

条件を満たすと、月に2回までATM手数料が無料になります。

上にあげたものよりもハードルの高い条件を満たすと、月に3回まで無料です。

・三井住友銀行

必ず必要な条件

・SMBCポイントパック契約口座(残高別金利型普通預金口座)である

・SMBCダイレクトを契約している

さらに以下の中からどれか一つ満たしていることが必要な条件(毎月判定)

・給与や年金の受け取り

・三井住友カードorセディナ の引き落とし

・残高30万円以上         などなど

詳しくはこちらから確認してください→各種手数料無料の条件

条件を満たすと、月3回までATM手数料が無料になります。

・りそな銀行

必ず必要な条件

・りそなクラブに入会している

さらにりそなクラブの「ステータスポイント」が合計で100ポイント以上(毎月判定)

ポイントの一例

・給与の振り込み(20ポイント)

・りそなデビットカード利用の引き落とし(10ポイント)

・預入金額10万円につき(1ポイント)

・マイゲートログイン(5ポイント)     などなど

詳しくはこちらから確認してください→りそなクラブポイントをためる

りそなの100ポイント以上は結構ハードルが高そうですが、条件をクリアできれば月に3回までコンビニATM手数料が無料になります。

まとめ

今回、主要都市銀行のコンビニATM手数料を無料にする方法を調べて、銀行によって条件はかなり違うと感じました。

また、このようなサービス手数料の優遇の条件は、ある程度の頻度で変更されるので、ご自身で銀行ホームページなどで確認の上利用してください

今までも登録はしていたものの、あまり利用していなかったインターネットバンキング。

これを機にちゃんと使ってみることにしました。

使ってみたら、色々とすぐに確認できるし便利なことは間違いないです。

メールアドレスやパスワードを何度も間違ってしまうと、ロックがかかってしまうこともあります。(私は1回やりました)登録・管理は慎重に。

インターネット+コンビニ。便利なサービスはどんどん賢く利用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする