【山小屋泊 八ヶ岳登山】権現小屋から権現岳・旭岳・赤岳・赤岳展望荘まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

権現小屋から見た中央アルプス

前回の編笠山~権現岳・権現小屋までに引き続き、八ヶ岳登山2日目、権現小屋からキレット小屋を経由して赤岳・赤岳展望荘を目指します。

写真は、権現小屋前から見た景色です。

権現小屋~権現岳~キレット小屋

夜はかなり雨が降っていたのですが、朝は晴れていました!ひとまず安心。

権現小屋・権現岳からの朝の景色

権現小屋からの朝の景色

権現小屋前の朝の景色です。神秘的。

この日目指す赤岳です。

夜明けの権現岳

朝ご飯の前に靴を履いて、ちょっと権現岳山頂へ。

本当に小屋からは、5~10分ほど。小屋から少し上がると、権現岳山頂と富士山が見えました。きれい。

最近の暑さのせいか、朝は思っていたほど寒くなかったので驚きました。

Tシャツに1枚羽織っていれば、大丈夫な感じ。

権現岳の山頂は、ひとり立てるか立てないかくらいの岩の上です。

看板も置いてある状態。

権現岳山頂

権現岳よりキレット

朝ご飯を終えて、準備を整えたら出発です。

この日の出発も6時30分。天気が崩れるのを見越して、もっと早く出ている人もいました。

小屋から少し権現岳山頂に向かって登ると、赤岳への分岐があります。

このタイミングの権現岳と富士山はさっきとはまた違う、パキッとした印象。

朝の権現岳と富士山

天気が良くなったので、今日歩く先の山がばっちり見えました。

旭岳・赤岳・阿弥陀岳

一番手前が旭岳、奥の一番右が赤岳、そこから左に(見えづらいですが)中岳・阿弥陀岳です。

権現岳から赤岳へのルートは、間にある深く落ち込んだキレットを通過しなくてはいけません。

キレットとは稜線の一部が急激に切れ落ちている部分を指し、漢字では「切戸」と書くのだそうです。

ゲンジー梯子

出発してほどなく、少し鎖場があります。

その後は、なが~い梯子を降ります。これが、キレットのはじまりのようです。

権現岳のケンジー梯子

これが、長いんです。

高い所が苦手気味なayuさん(夫)は、すーごいゆっくり降りてきました……足をかけるところが、他のはしごと違って丸いので、結構滑るんです。

ゆっくりと降りましょう。

梯子を降りたら狭い稜線を歩き、鎖場を超えて旭岳の頂上付近を通過します。

旭岳を過ぎると、コマクサがたくさん生えているツルネ。

この時は、少し枯れ気味でしたが、本当にたくさん。

コマクサ

携帯だと写せませんでしたが、葉の部分に朝露が付いてキラキラ光るのは、きれいでした。

ツルネは「連嶺(れんれい)」のことで、読んで字のごとく、いくつも連なっている峰の意味だそうです。

旭岳ツルネ

ツルネはこんな感じです。

このあたりから、またもや雲が……

ツルネの先、大きめの岩場を急激にくだるあたりから、谷に向かって降りていくのがわかります。

岩場の後は、木が生い茂った中を急激に降りていきます。結構きついくだりです。

キレット小屋~赤岳~赤岳展望荘

谷底にあるのが、キレット小屋。到着は8時20分ごろです。

目安の時間より、少しかかりました。

こちらで少し、休憩です。赤岳の方を見上げても雲で何も見えません……

キレット小屋を出発

キレット小屋を8時40分ごろ出発です。

木の間を登っていくと、ゴツゴツ、ガラガラした岩場になってきます。

赤岳の岩場

だんだん、岩ばかりになってきます。

赤岳の岩場

梯子と鎖で登っていきます。

岩場のルンゼ(岩壁に水の浸食作用でできた急なけわしい溝)が後半で一番きつい所。

岩に印があり、ほとんど迷うことなく登れました。

私と母は岩場・鎖場は好きなのですが、ayuさんは下側を見ないように登っていたそうです…

このあたりでは、なかなかカメラを出す余裕はなく…

赤岳山頂はあまり広くないのでその手前、ひらけた稜線上で一旦休憩です。

コーヒーを飲んで一息つきます。

赤岳山頂の方を見上げますが、雲の中…

再度出発して、ようやく山頂が見えてきました。途中人が登っているのが見えます。

赤岳

奥に見えるのは赤岳頂上山荘です。

赤岳頂上到着

赤岳頂上

最後はぐっと上って、頂上に到着です。11時40分です。

頂上は完全に霧の中……雲の切れ目からたまに少し下が見える、くらいでしょうか。

赤岳山頂の神社

山頂には神社があり、非常に面積は小さいので、この時期は特に次から次へと人が上がってくるので、そんなに長居はできない感じがします。

お昼ご飯は少し降りたところにある、赤岳頂上山荘前の広い所で食べることにしました。

この日のお昼はモンベルで買った五目御飯とガパオ。

五目御飯は画像がなかったのですが、ガパオがこれです。

おいしいと聞いていて、ずっと気になっていたので、今回初めて食べてみました。

お湯を入れて3分でできるのに、すごくおいしかったです。

カップめんのように、スープを飲み切らなきゃ!っていうのもないですし、満足感もあったのでおすすめです。

ちょっとお値段が高いですけどね。(390円)

赤岳展望荘へ

お昼ご飯を食べて、休憩したら赤岳展望荘へ向かいます。

展望荘はここから30分。

赤岳山頂から展望荘へのみち

石がいっぱいの下り道。結構神経使いますね。疲れているとなおさらです。

途中雲の切れ目から、中岳と阿弥陀岳が見えました。

手前の緑色の山が中岳、奥の高い山が阿弥陀岳です。

赤岳からの中岳・阿弥陀岳

30分ほどで赤岳展望荘に到着です。時刻は14時少し前でした。

赤岳展望荘外観

この日のお天気もギリギリもってくれました。

到着後、お風呂(あるんです!標高2,700mの小屋に)に入って生ビール(これもあるんです)を飲んでいる時に、雨が降り出しました。

16時近かったと思いますが、夕方はやはり……ということですね。

次は1泊目と2泊目の山小屋がそれぞれ、いい意味でかなり対照的だったのでご紹介しようと思います。

参考記事→【山小屋泊 八ヶ岳登山】権現小屋と赤岳展望荘のそれぞれの良さと注意点

【山小屋泊 八ヶ岳登山】編笠山~権現岳・権現小屋まで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする