夫婦ふたり、1日中一緒にいる日が長くなると結構つらいな、と感じた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

3月半ばに前職の有給に入った私たち夫婦。

それからayuさんの新しい職場の初出勤日が5月16日でした。

約2か月間、ほぼずっと一緒にいたんですよね。

今回はその時に感じたことを(うまくまとめられてないのですが)記録しておこうと思います。

夫婦で食べるホットケーキ

もちろん、それぞれの友達に会ったり、飲み会に行ったり何度か旅行に行ったり、お互いの友達含めっていうのはあったので、ずっと2人だけだったわけではないんです。


この記事の中でも、以下のようにあります。

夫婦仲が良くても「家庭の濃度」が上がり過ぎることがあります。家の中が煮詰まってくる感じです。

これを実感したんですね。

とくに5月の頭くらいから、自分がもやもやイライラしやすくなっていることには、なんとなくは気付いていました。

うちは結婚して6年目。趣味も似ているし2人で遊べるので、休みの日に一緒に過ごすことも多く、仲が良い方だと思います。

それでも、いつものやり取りがめんどくさかったり、いつもは受け流すちょっとしたことで「いらっ」としたり……

「いらっ」を出してしまってから、あれ?と自分で気づいたり……

おそらく他の人と話したり、夫婦以外の人と時間を過ごすことがあまりに少なくなって、“夫婦だけ”になってしまうと、空気が閉ざされたようになってしまうんですね。

ayuさんはどう感じていたかは、確認していませんが……

「これはいけない」と思っていたら、ayuさんの初出勤日がきたので今は大分解消しました。

ただ、私が家にいる今は、「またこうなる可能性も高いな」と心にとめておこうと思っています。

以前は私たち夫婦の休みが合うのは、月に1日くらいだった期間が結構長くありました。

私が土日休みで、ayuさんは平日休みが基本だったんですね。

それがあるせいなのか、同じ時間を過ごしている場合は「別々のことをやろう」と言うことを躊躇している自分がいました。変に気を使っていたのかな。

これからは「まずいな」と感じたら、早め早めに人に会うことや自分の時間を作るようにしないとな、と思っています。

何か息抜きができる場所や方法が、誰でもどこにいても必要なのではないかな、と痛感しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする