ブルーカードってなに?長野県での普及率がすごかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ブルーカード

近所のガソリンスタンドで給油したら「ブルーカードはお持ちですか?」と聞かれました。

「長野県のお店でポイントが溜められるんですよ。」とのことでしたので、作る事にしてみました。

その後、テレビの長野県の番組で「抽選でブルカポイントをプレゼント!」って言葉を聞いたんです。「えぇ!そんなにメジャーなカードなの?」とびっくり。

カードも作ったし、興味がわいたので調べてみることにしました。

ブルーカードって何?

ブルーカード公式ホームページによると、加盟店での買い物でポイントがたまる共通ポイントカードとのこと。

TポイントやPontaなど全国チェーン加盟の共通ポイントカードとは違い、主に長野県を中心とした地域循環型のポイントカードだそうです。

もともとは昭和60年代のジャスコ(現イオン)の長野県進出に対して、地元企業が共同で設立したプログラム。

「ブルカ」と言われることが多いようですね。「blca」って略されると何かわからないですね……

特に長野市を中心とした北信地域では、世帯普及率80%を超えている調査もあるとのこと。

ブルーカードの加盟店はどんなところがあるの?

では、ポイント貯められるのはどんなお店があるんでしょうか?

  • ながの東急百貨店
  • 綿半ホームエイド(ホームセンター) 各店
  • オートバックス 長野県内各店
  • AOKI 長野県内各店
  • サンクゼール 一部店舗

その他ガソリンスタンドやタクシー会社など、加盟店は500店舗。

今は、長野県だけでなく山形・愛知・山口などでも加盟店はあるようです。

ただ、今は長野県以外はとても少ないですね。

面白い所では、綿半で段ボールなどの紙ごみ・缶・ペットボトルをリサイクルボックスに入れると、ポイントが貯まります。

ポイント還元率とポイントの利用方法

一般商品          買い物額の1%
食品およびガソリン灯油   買い物額の0.7%

ポイントは半年に一度、500ポイントで500円分の加盟店で使えるブルカ券(有効期限1年)になって申請不要で自宅に送られてくるとのこと。

「え!自宅に券が送られてくるの?半年に一度!」とちょっとなんだか、親切だけど無駄に経費が掛かっていそう……などといらぬ心配をしつつ。

500ポイントに満たなかった分は、次回の集計時に繰り越し。

その他注意点

・現金支払いの時のみポイントが付く

・年会費は不要で、2年間利用がないとカードが無効になる。

・入会金が300円かかる。

・ブルカ券配送のため、引っ越したら住所変更必須

まとめ

地域密着ポイントカードがこんなに普及していることや30年も前に作られ、地域の中で循環して集客につながっていることに驚き、今回は詳しく調べてみました。

すーごい便利なカード!っておすすめするわけではないですが、長野県にはこんなに面白い仕組みがあるんだなぁ……と今後の動きが知りたくて、コツコツとポイントをためる予定です。

1ポイントから店頭で使えるシステムになる事を祈りながら……

ブルーカードの詳しいことはこちら→ブルーカード公式ホームページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする