【KAJIYA(カジヤ)】旧四賀村の古民家カフェ いつもと違う空間で山を眺める

旧四賀村KAJIYAのベジタブルプレート
スポンサーリンク

松本市街地から車で30分、安曇野市と上田市の間に位置する旧四賀村。

2005年に松本市に編入、“旧四賀村”や“四賀地区”と言われています。

四方を山に囲まれた、のどかで静かな場所。田んぼ・畑、そして緑豊かな山。

 

そんな場所にある、カフェ「KAJIYA」に行ってきました。

大きな古い建物を利用したカフェには、本屋さん・古道具屋さん・アロマとマッサージのお店も営業していて、わくわくする場所になっています。

 

KAJIYAについて

松本旧四賀村KAJIYAの外観

オープンは2014年、ご家族で移住してきたご夫婦が開いたお店。

とにかく大きな古民家で、カフェの他にもギャラリー・ひょうたんランプの販売・YOGA教室・農的ゲストハウスも行っています。

築130年の古民家を改装し、どこか懐かしくのびのびできる空間です。

 

お店の前が駐車場になっています。

お店入り口は広々とした玄関。靴はこちらで脱いで、上がります。

旧四賀村のKAJIYAレジカウンター

正面にレジカウンターがあったのですが、この左側においてあるレジがかわいいのなんの。くるっと手で回す、いい色のレジスター。

お店に行ってみた際は、ぜひぜひ見てみてください。

 

店内は古道具や暖炉で素敵なスペースに

靴を脱いでレジカウンターの左扉がカフェのスペース。

畳敷きで、入って正面の暖炉で火を焚いていました。暖炉前はお座敷席、奥はテーブル席です。

今回はテーブル席に座りました。

 

テーブルや椅子など古道具が多く、テーブル上のランプもいい雰囲気。

旧四賀村KAJIYAのテーブル

縁側もあって、春は気持ちよさそうです。

 

雑貨コーナー・ギャラリースペースも

旧四賀村KAJIYAの雑貨コーナー

玄関脇には雑貨コーナーもありました。

古道具の中にあっても違和感のない、機能性がありながらシンプルなものが揃っていました。

 

その雑貨コーナー脇の急な階段をのぼって、2階へ。

旧四賀村KAJIYAの2階

太い梁や漆喰、古さを活かしたり、そうかと思えば窓に大きな2重ガラスを入れてあったりと、様々な仕上げ方。

写真右側のスペースは、古道具「hacomori」です。後程詳しく。

 

写真左の小さめの入り口の奥はこんな感じでした。

旧四賀村KAJIYAのギャラリー

1階とは違い、床はフローリングで洋風に仕上げられていました。

壁の棚もやわらかい雰囲気で、かわいい。

KAJIYAのお庭には遊具とトランポリン

KAJIYAの遊具

庭には遊具もありました。自由に使用が可能とのことです。(お店の注意書きがありますので読んでから利用しましょう)

小さなお子さんも楽しめそうですね。

平日の人が少ない時間をいいことに、ずっとやってみたかったトランポリンで私も遊びました……

KAJIYAのメニュー

KAJIYAはランチにぴったりなプレートのお料理・ドリンク・デザートがいただけます。

日替わりデザートは「塩クリームどら焼き」「焼きプリン」がありました。

 

こちらで出されるお料理は、お米や野菜、お醤油やお味噌まで、なるべく自分たちで作っているそうです。

足りない場合は、近隣の有機農家や地元産を使用。

お醤油まで作ってしまうなんてすごい。

ベジタブルプレート

旧四賀村KAJIYAのベジタブルプレート

この日はランチを楽しみに行っていたので、ベジタブルプレート(1000円)を頼みました。

6種類のお野菜のおかずとサラダ、ごはん、スープの目にも嬉しいプレート。

この豆入りのご飯がまた、モチモチでおいしくお赤飯のような香りでした。

 

旧四賀村KAJIYAのベジタブルプレート2

おかずはご飯下から時計回りに……(サラダは除く)

  • お野菜ビビンバ
  • ひよこ豆とジャガイモのコロッケ
  • 大根とキヌア和え
  • こうじづけ
  • きんかんとニンジンのフラペ
  • にんじんとしめじのぎせいどうふ

どれを食べてもおいしく、出汁がきいているからなのか味がしっかりしているように感じました。

お野菜のみのメニューですが、満足感も高い。特に好きだったのはお野菜ビビンバです。

 

バターチキンカレープレート

旧四賀村KAJIYAバターチキンカレープレート

こちらはバターチキンカレープレート(950円)。

オーガニックトマトソースを使ったカレー、サラダ、3種のおかず、スープのプレートです。

トマト感強めのバターチキンカレーで、おいしい。

 

本屋「hitotokibooks」、古道具屋「hacomori」、アロマやマッサージ・空間作りのお店「nilanaturalenergy 」を併設

KAJIYAでは、本屋さん・古道具屋さん・アロマやマッサージのお店が併設されています。

私達が行ってみた、本屋さんと古道具屋さんをご紹介します。

本屋「hitotokibooks」

ヒトトキの看板

母屋横の蔵に本屋「hitotoki books」があります。

ヒトトキ外観

古本も新刊本も取り扱いがあります。もちろん、大きな本屋さんとは違う選書。

多分、オリーブとか天然生活を読んでいた人は好きなんじゃないかな、と思います。

じっくりと店内をぐるっと回って楽しみました

ヒトトキの営業時間

営業時間 :11:00~17:00
営業日 :金・土曜・月1回の日曜

お店のホームページなど:ヒトトキヒトトキのTwitter

 

古道具「hacomori(ハコモリ)」

hacomoriのディスプレイ

KAJIYAの母屋2階にある「hacomori」。2019年3月から、こちらで常設を始めたそうです。

長野県上田を拠点として、店舗を持たずに活動している方のお店です。松本古市にも毎月出店していますよ。

実は、松本の「そら屋」のリノベーション作業(【松本 そら屋】List リノベーションプロジェクト×そら屋のお手伝いレポート)の時にお会いしたのが初めて。

 

hacomoriのハルさんの選ぶ古道具は、緑や青のカラーが多く、私も好きな色。今回もいい色の脚立を見つけてしまいました。

今回は連れて帰ってないのですが、ずっと頭に残ってる……多肉植物置きに使えないだろうか、などと思案中です。

hacomori営業時間

営業日・営業時間はKAJIYAと同じです。(下記参照)

お店のホームページなど:hacomorihacomori Instagram

 

おいしいお料理・本・古道具、そして山も

KAJIYAに行けば、おいしいお料理を食べて、本も古道具も見ることができます。

そして、当然山もとても近い。素敵なモノコトが集まっている、ある意味贅沢な場所です。

静かな、のんびりとした場所でそれぞれを楽しんで、ゆっくり過ごしてみてください。

 

KAJIYAの店舗情報(営業時間・駐車場など)

KAJIYAの看板

住所:長野県松本市五常6437
電話 :0263-64-3387
営業時間 :11:00~17:00
営業日 :金・土曜、月1回の日曜(冬季休業あり)

お店のホームページ:KAJIYA

※駐車場あり

関連記事と広告