高ボッチ高原て知ってる?車でさくっと絶景ポイントへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

前鉢伏山のレンゲツツジ

高ボッチ高原て知ってますか?

上高地や美ヶ原は知っていたものの、私たちはあまり聞いたことがない場所。でも行ってみたら、ここにも絶景が広がっていました。

松本や塩尻からも近く、車で頂上付近まで行けるので誰でも行きやすい。少し歩くだけで絶景を観ることができますよ。

今回は高ボッチ高原~鉢伏山~前鉢伏山の景色をご紹介します。

高ボッチ高原

まずは高ボッチ山へ。

高ボッチ高原へのアクセス

松本の市街地から車で40分ほど。

塩尻側からもアクセスできます。塩尻I.Cからは車で約30分。

注意!12月上旬~4月下旬の冬季は道路が閉鎖されています。

地図の自然保護センターが高ボッチ高原の第2駐車場です。

こちらの駐車場は無料で、トイレと自動販売機があります。

塩尻市公式ホームページ→コチラ

第2駐車場は展望台となっていて、ここに車で来るだけで最高の景色です。

高ボッチ山の山頂にも、そこから歩いて400m。

高ボッチ展望台からの眺め

高ボッチ展望台からの眺め

松本平と北アルプスを眺めることができます。午前中は雲海が見られることも。

そこから、ちょこっと(400m)歩いて頂上へ。

高ボッチ山の標高は1664mです。

高ボッチ山頂

山頂からは先ほどの展望台とは逆方向の景色を眺めることができます。

高ボッチ山頂からの景色

諏訪湖とその奥に富士山をみることが出来ました。

そいえば、このアングルの夜景の写真を見たことがあるかも……映画「君の名は」の地上波での放送時、Twitterでみたのかな……

朝は雲に覆われていましたが隣の鉢伏山に行った後にもう一度来てみたら、この景色をみることができました。天気次第ですね……

隣の鉢伏山にも行ってみよう

今度は隣の鉢伏山にも行ってみましょう~。

鉢伏山へのアクセス

高ボッチ高原の北側にあり、こちらも車で頂上手前1㎞まで行くことができます。

高ボッチ高原第2駐車場から6㎞ほど、車で15分くらいでしょうか。

こちらの地図の鉢伏山山荘の駐車場に停めることができます。

ただし高ボッチの駐車場とは違い、こちらは有料です。普通車で500円。

そして駐車場の面積自体も狭いので、先日の日曜日は入れない車もいたようです。

午後になると車が多くなってくるようだったので、早めに行くことをおすすめします。

鉢伏山からの眺め

駐車場から山頂までは1㎞ほど。舗装された道ではありませんが、お散歩気分で楽しめます。

山頂周辺、6月中旬のこの日はレンゲツツジの見頃。大きなカメラを持った人がたくさん。

鉢伏山のレンゲツツジ

山頂には神社がありました。

鉢伏山頂の鳥居

鉢伏山の標高は1929m。

奥に展望台があって、ここからだと360度景色を楽しむことができます。

松本平と北アルプスも諏訪湖と富士山も、ぐる~っと見渡せます。

鉢伏山頂

前鉢伏山

前鉢伏山は鉢伏山のすぐ隣。歩いていけますので、行ってみます。

こちらもレンゲツツジが見頃でした。

前鉢伏山のレンゲツツジ

前鉢伏山頂です。

前鉢伏山頂

前鉢伏山まで来る人は少ないのか、鉢伏山より静かでした。

私たちはここでお昼ご飯をたべることに。

高ボッチ~鉢伏山~前鉢伏山を歩いてみた

ここまでは車で行くことを想定して書いていますが、じつは今回私たちは高ボッチの第2駐車場に車を停めて、そこから歩いて鉢伏山に向かいました。

高ボッチから山歩き

しばらく山歩きをしていなかったこと、調べたところ登山道がありそうだったこともあり、慣らすつもりで歩いてみました。

ただ、歩いてみると結構車道を歩く距離が長くて、景色等々からあんまりお勧めできないです……ですので、参考程度に読んでみてください。

ほぼ車道を歩きますが、所どころこのように登山道を歩きます。

鉢伏山登山道

高ボッチ~鉢伏山までは、2時間ちょっとでした。

鉢伏山~前鉢伏山間は30分ちょっと。

往復で5時間半くらいでしょうか。足慣らしのつもりが、結構距離があって疲れました……

車道を歩く距離が長い事で山歩きがしたい方には、あまりお勧めできないなぁ、と私は感じました。

高ボッチ高原・鉢伏山は街からすぐに行ける絶景スポット

松本・塩尻から車で1時間かからずに、北アルプス・諏訪湖~富士山の絶景が楽しめるところがあるなんてびっくりしました。

本当に山が近い。

うちからすぐに行けることもあり、友達や家族が来たら連れていきたいです。

午前中は高ボッチ~鉢伏山を楽しんで、午後は松本か塩尻の市内を散策っていうプランもいいですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする