店内醸造のクラフトビールを飲みに 松本の「BACCA BREWING」へ行こう

BACCAのビール
スポンサーリンク

 

松本に来て飲むことが多くなった「クラフトビール」。

今回は、松本ビアフェスで杏のビールを飲んでから気になっていた「BACCA BREWING」に行ってきました。


香り・コクのあるクラフトビールがお好きな方には、ぜひ行ってみてほしいお店です。

 

クラフトビールとは……個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを「クラフトビール」(地ビール)という。
もっと詳しく→【飲み比べ】松本ブルワリーペールエールと穂高ビールペールエール

BACCA BREWINGはこんなお店

松本BACCA外観

松本駅のアルプス口側、田川沿いに今年(2018年)5月にオープンしたお店です。

カウンター10席とテーブル4人席が1つのコンパクトな店内。奥でビールを醸造しているのがガラス越しに見えます。

お店で出すビールは、店内で醸造しているのです。

 

アルプス口はお城口側と比べて人もお店も少なめなのですが、こちらのお店は別ですね。

お店に伺ったこの日も、ビール好きな人で賑わっていました。

週に何度も来ているのであろう常連さんも多く、1~2杯飲んで「じゃあまた!」と言って出ていく姿を見ました。

 

BACCAのメニュー

クラフトビールは5種類あり、ペールエール以外はその時々で変わります。

この日のビールのメニュー

  • ペールエール
  • 赤焼 レッドエール
  • バーレーワイン
  • 常念IPA
  • ジャンダルム スタウト

お値段はMサイズで550円~600円、Lサイズで800円~850円でした。

こちらのお店は注文の品を受け取ると同時に支払いをするスタイルです。

 

まずは、ペールエールとジャンダルムスタウトのMサイズを注文。

BACCAのペールエールとジャンダルムスタウト

右がペールエール。爽やかだけど、最後に柑橘系の香りと苦みがグッときます。

左のジャンダルムスタウトは結構衝撃を受けました!

最初は甘い印象なのですが、直後コーヒーの香り、そして最後に苦味がドシっと来ます。口の中でくるくる印象が変わります。

こちらのビール、アルコ-ル度数高めの8.1%…ゆっくり飲みましょう。

 

次はバーレーワイン。ワイングラスに入ってきます。

BACCAのバーレーワイン

ブドウを使ったワインではなく、穀物(バーレー)を使ったワイン(=アルコールの高いビール)だそうです。こちらはアルコール9.6%。繰り返しますが、ゆっくり飲みましょう。

 

次は赤焼を頼みました。

BACCAの赤焼

見た目は黒っぽくてどっしりしてそうな印象ですが、ペールエールなどよりもすいすい飲めちゃうビールです。

 

おつまみ

BACCAのおつまみはフライドポテトや厚揚げチーズ焼きなど、軽めのメニューです。

大体300円~550円位。

 

今回はフライドポテトと、日替わりおつまみの明太厚焼き玉子を頼みました。

フライドポテトも揚げたてでおいしかったのですが、アツアツを早く食べたくて写真を撮り忘れてしまいました……

 

こちらは明太厚焼き玉子です。

BACCAの厚焼き玉子

これもおいしかったです。ビールに合うおつまみがたくさんありますよ。

 

BACCAはビール好きが軽く飲んで帰る時におすすめ

お店はパブのようなスタイルなので、軽く1~2杯飲んでいくようなお店です。

日々メニューに並ぶビールの種類も変わるので、何度も通ってしまいそう。

 

ビール好きはぜひ一度足を運んでみてください。

BACCA BREWINGの店舗情報

住所:長野県松本市巾上4-33
電話 : 0263-30-8230
営業時間 : 木金17:00~23:00 土14:00~23:00 日14:00~20:00
定休日 : 月~水曜日

Facebookページ:BACCA BREWING

 

関連記事と広告