いつもの中華になりそうな予感!テンホウに行ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

みんなのテンホウの看板

今まで関東の都心部に住んでいたことが多かった私たち。その地域のチェーン店や商品というのは、ほとんどなかった生活でした。

長野県松本に移住してきて、信州ならではの商品やお店を見つけるのが楽しい今日この頃です。

今回は、よく見るなぁとは思っていたのですが、行ったことのなかった信州のラーメンチェーン「みんなのテンホウ」に行ってみました。

テンホウについて

長野県にのみ、30店舗以上チェーン展開している、「みんなのテンホウ

もともとは、諏訪で昭和31年に餃子のお店で創業。

確かに今でも、諏訪や茅野のあたりに一番店舗が多いですね。

創業者から後を継いだ、初代の社長がラーメンと餃子のお店としてチェーン化を進めたようです。

今回は、松本並柳店に行きました。店内はカウンター席もありますが、テーブル席の方が多くてファミリーで来店しやすいお店の印象でした。

3世帯家族サービス」というものもあるし、日曜日のお昼時は家族連れが何組もいましたよ。もちろん、店内は禁煙です。

テンホウのメニュー

テンホウはたくさんの種類のラーメンと餃子、定食のお店です。

看板メニューは「辛くないタンタンメン」。子どもでも食べられるように辛みはなく、必要な人は卓上の豆板醤とラー油で調整します。

他にもテンホウといえば、肉揚げ(豚ロースのから揚げ)をラーメンにのっけているメニューが人気のようです。

餃子はスターアニス(八角)やフェンネル、シナモン他数種類のスパイスを独自で調合していて、社内でも2人しかその細かい配合を知らない企業秘密とのこと。

定食のメニューは少ないです。ほとんどラーメンはじめ、麺のメニューですね。チャーハンはなかったです。

お酒・おつまみも少々ありましたので、ひとり晩酌にも対応可能です。

代表的なメニューの紹介

・テンホウの餃子      280円

・タンタンメン       500円

・肉揚げタンタンメン    740円

・餃子定食         680円

※すべて税込

タンタンメンと餃子・濃厚中華そばを食べてみた

はじめてきたので、定番から頼むことにしました。

テンホウのタンタンメン

タンタンメン、おいしかったです。他にはない、わかめトッピングも好きでした。

私は辛いのが好きなので、卓上豆板醤を追加追加。

麺は少しだけ太めの麺。しっかりスープが絡んでました。

テンホウの濃厚中華そば

こちらは、濃厚中華そば(680円)。醤油スープで味玉までのってます。

このチャーシューがおいしかったです。厚みもしっかりあるのに、やわらかくて味がしみ込んでます。

テンホウのぎょうざ

こちらが餃子。スターアニス(八角)やシナモンが入っているということで、どんな変わった味なんだろうと思うと思いますが、食べづらいなんてことはなく、あまりスパイスを感じさせない餃子でした。

いい意味で普通のぎょうざのような……スパイスに関しては、今度行ったらぎょうざをもう1回頼んで、じっくり食べてみることにします。

ぎょうざ用のお酢も卓上にあり、このぎょうざとの組み合わせ、好きでした。

テンホウのキャラが気になる……!

お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、食器に描かれているキャラ。私はすごく気になりました。

テンホウの小皿

左のつるのキャラクターが「てんつる」くん。

ファミリーが、6人いるようですがてんつるくんの公開されていない兄弟がまだいるように匂わせてますね……

気になった方はコチラ→公式てんつるくんファミリー紹介

右のゆる~い絵もかなり気になるのですが、これは一般に販売されている絵柄なのでしょうか……

私たちのいつもの中華になりそうな予感

東京・千葉にいるときは、私たちの「いつもの中華」は日高屋でした。

関東のみの展開の日高屋は信州にはなく、残念に思っていたのですが、テンホウが信州での「いつもの中華」になってくれそうな予感がしています。

お値段も、味もちょうど「いつもの」感じで通えそう。

車で行くことが多そうなので、日高屋のようにチョイ飲み利用は少なくなりそうですが、ラーメンの種類も多いし、オリジナルなメニューもあるので色々食べてみたいと思っています。

テンホウの店舗情報はコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする