毎日コレ。ボダムのダブルウォールグラスなら夏の結露も気にならない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

1年中活躍している我が家のグラス。それはデンマークのブランド、BODUM(ボダム)の2重構造のダブルウォールグラス「パヴィーナ」。

ダブルウォールと言われる2重構造のグラスなので、飲み物と空気の間に空間があり、夏の暑い時期は、アイスコーヒーやビールを入れてもほとんど結露が出ないんです

冬は、あったかいお茶を入れても手にふれる外側は熱くなりづらく、中身が冷めてしまったら電子レンジで温め直しもできる優れモノ。

うちでは、ビール・麦茶・アイスコーヒー・ハーブティーなんかを入れて、年中・日に何度も使っています。

これひとつあれば、熱いも冷たいもどっちも大丈夫、普段使いからお客さんが来た時も使えますよ。

ボダムのダブルウォール(二重構造)グラスのいいところ

ボダムのグラスに入ったアイスコーヒー

  • デザインがいい
  • 薄くて軽い
  • 飲み物がぬるくなりにくく、冷めにくい
  • グラスの周りに結露ができない
  • 熱いものを入れても、手に触れる部分が熱くない
  • 電子レンジ・食器洗浄機で使える

デザインがいい・薄くて軽いグラス

北欧デンマークのブランドです。やっぱりデザインがいいんです。

カーブや外側と内側のグラスのバランスなど……

ガラス自体が薄いので、そのデザインとバランスもいいものになるんだと思います。

また、薄いガラスでできているので軽い軽い。ちょっとびっくりするほど。

ボダムのダブルウォールグラスには、形・大きさ色々種類があるんですが、私は使っているパヴィーナ(250ml)が一番好きなバランスです。

デザインの好みは人それぞれ。他のデザインはこんな感じです。

直線的な方がお好きな方はこちら。

ちょっと変わった形が好きな方はコチラ。

飲み物がぬるくなりにくく、冷めにくい

グラスが2重構造になっているために、中に入っている飲み物が外の空気の温度の影響を受けにくくなっています。

だから、冷たいものはぬるくなりにくく、温かいものは冷めにくいんです。

グラスの周りに結露が出来ない

こちらもグラスが2重構造で、冷たい飲み物と外の空気の間に空間があるので、外側の空気が冷やされにくいため、ほとんど結露が出ません。

夏の冷たい飲み物は、グラスの周りの結露の水滴がポタポタたれてしまうの、結構気になりますよね。

テーブルにできる輪ジミも結露が原因。

ダブルウォールのグラスなら、その心配がなくなります。

熱いものを入れても、手に触れる部分が熱くない

ボダムのグラスは耐熱ガラスなので、熱々の飲み物も入れることができます。

持ち手はありませんが、二重構造のダブルウォールなので、直接触っても熱くありません。

私はハーブティーを入れるのにもいいと思って使っています。

ガラスなので、飲み物の色も愉しめるし、熱いものを入れても大丈夫なので。

電子レンジ・食洗器で使えるグラス

暖かいものを飲んでいて、飲み切らないうちに冷めてしまった場合も大丈夫です。

このグラスなら、電子レンジで温め直しもできちゃいます。

こんなに薄くて軽いグラスなのに、電子レンジも大丈夫とは…びっくりしますよね。

もちろん、食器洗浄機でも使えます。

ダブルウォールグラスのデメリット

欠点は、薄くて軽いグラスなので割れやすい事です。

洗ってる時に蛇口にぶつけたりすると、ちょっと危険かも……

とはいえ、他の食器やグラスも同じことが言えます。うちでは、幸運にもまだ割っていないです。

今後もよろしく、ボダムのグラス

水出しアイスコーヒーをグラスで

機能的でかっこいいので、今まで何人ものプレゼントに選んできたボダムのダブルウォールグラス。

これからも、我が家の一番使用頻度の高いグラスでいるんだろうなぁ、と思っています。

我が家で使用しているのはパヴィーナの250ml

ビールを入れるとビアグラスに入れているように見えるのはこれ

取っ手付きもあります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする