2019共通リフトシーズン券 長野県中心まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

スキー場

松本はまだまだ非常に暑い(明日は37度予想)んですが、早々に冬の準備が始まっています。

信州松本に移住してきて初めてのシーズン。

どの位の頻度で滑りに行けるかなぁ、どこのスキー場が定番になるんだろう…と今からわくわくしています。

ちょうど先日から、長野県共通リフトシーズン券の抽選が始まりました。

そろそろ色んな所で、リフトのシーズン券の早割の発売なんかが出てくるので、長野県を中心に調べてみました。

長野県共通リフトシーズン券

まずは、コレ。長野県共通リフトシーズン券です。

利用できるスキー場→長野県内全てのスキー場

利用期間→平成30年11月(各スキー場オープン)から平成31年3月31日まで

値段→大人30,000円・子供15,000円

枚数→大人200枚・子供100枚 抽選制

申込期間→平成30年7月26日(木)昼12時~8月23日(木)昼12時

長野県内すべてのスキー場で使えて、30,000円ということもあって、毎年大人気のシーズンパス。

1日券が4,000円として、10回行くなら確実にお得です。

ただ、3月の末までの利用期間、ということには注意です。

去年は200枚に対して15,000件の応募があったようです。倍率75倍……すごい。

当たることを祈りながら、取り合えずこれは応募します!

応募・詳細→公式ホームページ

白馬村共通シーズン券

白馬のスキー場に行きたいなら、狭き門なのはこちらも同じですが、検討するべきです。

まだ2019年の情報に更新されていないので、去年の情報です。新しい情報が出次第、更新します。

9月12日 今シーズンの情報に修正しました。

利用できるスキー場→白馬さのさかスキー場・白馬五竜スキー場・Hakuba47ウインタースポーツパーク・白馬八方尾根スキー場・白馬岩岳スノーフィールド

利用期間→白馬村のスキー場の2018年シーズンインから2019年シーズン終了まで

値段→大人30,000円・子供15,000円(いずれも税込み)

枚数→大人200枚・子供100枚 応募多数の場合、抽選制

申込期間→平成30年9月15日(土)~9月30日(日)まで (9月30日必着)

白馬に行くなら嬉しいシーズン券ですが、私たちの好きな栂池は小谷村だから入っていない……

でも確実にお得なので、応募はします!

応募・詳細→公式ページ

HAKUBA VALLEY シーズンパス

こちらのシーズンパスは、先着や抽選なしで、鹿島槍や栂池も入っています。

すでに今シーズンの申し込みも始まっています。

利用できるスキー場→HAKUBA VALLEY 10スキー場(公式ページ参照)

利用期間→平成30年各スキー場オープンからシーズン終了まで

値段→大人130,000円・子供70,000円(6~12歳)

とにかくお値段が……高いですね。アメリカ・カナダ・オーストラリアの系列リゾートの割引もあるようです。

JTBスキー場共通シーズン券

舞子スキー場

北海道から岐阜までのスキー場で使える共通シーズン券です。こちらは、抽選ではないので確実に入手することができます。

2019年シーズンの情報に更新されていないので、こちらも去年の情報です。

9月25日現在出ている、今シーズンの情報に修正しました。

利用できるスキー場→北海道~岐阜県のスキー場(長野県は、いいづなリゾートスキー場・黒姫高原スノーパーク・斑尾高原スキー場・タングラムスキーサーカス・竜王スキーパーク・白馬さのさかスキー場・白馬乗鞍温泉スキー場・白馬岩岳スノーフィールド・鹿島槍スキー場・小海リエックススキーバレー・白樺湖ロイヤルヒルスキー場・シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳・Mt乗鞍スノーリゾート)

利用期間→対象スキー場の営業期間

値段→大人・子供共通58,000円(税込)

申込期間→10月5日~

9月25日現在では、公式のページが出来ていないようです。今回詳細は、スノーリゾートクラブ(旧JTB共通シーズン券)のFacebookページで確認しました。

9月11日現在の情報であり、最終的には公式のホームページで確認をお願いいたします。

▼10月5日情報を追加しました。

公式ホームページ2018-2019 スノーリゾートクラブ

去年よりもスキー場が減り、お値段も少し上がっているようです。

マックアースシーズン券

こちらは2019年シーズンの早割チケットの申し込みが始まっています。

マックアースシーズン券は、30カ所のスキー場で利用できるマックアース30・中部地方の10カ所のスキー場で利用できるマックアース中部セブンの2つがあります。

マックアース30

利用できるスキー場→北海道から広島までの約30のスキー場(詳しくは公式ページへ)

利用期間→各スキー場オープンから終了まで

値段→超早割(8月1日~31日)大人55,555円・子供25,250円

→早割(9月1日~30日)大人65,000円・子供30,000円

→通常(10月1日~15日)大人100,000円・子供50,000円

枚数→4,000枚

申込期間→平成30年8月1日~10月15日

駐車場が無料だったり、特典が色々ついてます。

詳細・申し込み→マックアース30公式ページ

マックアース中部セブン

利用できるスキー場→長野県・岐阜県・福井県の10のスキー場(詳細は公式ページへ)

利用期間→各スキー場オープンから終了まで

値段→大人 全日65,000円・平日38,000円  子供25,000円

申込期間→8月1日~10月15日

こちらも、駐車場無料や施設割引が付いています。

詳細・申し込み→マックアース中部セブン公式ページ

マックアースは、私たちが住んでいるところだとあまり使えないかなぁ、と感じますが中部セブンは岐阜のスキー場が充実していますので、岐阜が近い方は要検討です。

プリンススノーリゾート プレミアムチケット

2019年シーズンの情報に更新されていないので、こちらも去年の情報です

SEIBU PRINCE CLUB会員限定販売商品となります。非会員の方は入会の必要があります。

▼10月10日今シーズンの情報に更新しました

利用できるスキー場→プリンススノーリゾート9つのスキー場(詳細は公式ページへ)

利用期間→各スキー場のシーズンインから終了まで

値段→大人100,000円 プリンススノーリゾートは子供(小学生以下)無料

申込期間→現在申し込み受付中

軽井沢など、プリンススキー場をよく使う方なら、こちらもいいですね。

他より高いけど、子供料金がかからないので、お子さんいる方で色々行きたいならいいのかも。

申し込み・詳細→プリンススノーリゾート プレミアムシーズンチケット

長野県共通リフトシーズン券抽選に祈りつつ、他シーズン券の情報を待ちます

まずは、長野県共通シーズン券に申し込みをして当選することを祈りつつ、外れた場合

どのシーズン券がいいのか、そもそもシーズン券を買う方がいいのか、情報収集をしつつ検討したいと思います。

考えてるだけで、暑いけどわくわくしています。

シーズン券を検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする