【こーさんのうち】松本でココナッツミルクたっぷりのカンボジアカレーを食べる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

カンボジアカレーって食べたことはありますか?

私は「こーさんのうち」のカレーにALPS BOOK CAMP(7月に木崎湖で開催された、本のフェス)で出会うまでは、食べたことがありませんでした。

初めて食べた時は、スパイスの爽やかな香りとココナッツミルクのやさしい味にびっくりしました。

それから、一気に興味がわいたカンボジアのカレー。

お店が松本にあると知って、行ってきました。

今回はあまり見かけることのない、カンボジア料理を食べられる松本の「こーさんのうち」をご紹介します。

ALPS BOOK CAMPについて関連記事→ALPS BOOK CAMP 来年もこの雰囲気を楽しみに行きたい

こーさんのうちについて

場所は松本島内で、少し街の中心からは離れているところにあります。

「こーさんのうち」は松本に住むカンボジア人、こーさんの家族が営むカンボジア料理のお店です。

カンボジアカレーをはじめ、カンボジアの田舎料理やスイーツが楽しめます。

お店は懐かしい一軒家の1階、玄関で靴を脱いで上がるスタイル。友達のうちに遊びに来たような雰囲気。

こーさんのうちでは、カンボジアの田舎をお手本に、野菜・お米・卵・小麦などは近隣の食材を使用しているとのことです。

ちょうどリニューアル直後におじゃましました。新しいメニューは手書きで、イラストがとってもかわいらしいんです。

こーさんのうちのメニュー

メニューの表紙が竹製だったり、店内にはハーブが飾ってあったりアジアの雰囲気です。

カンボジアカレー

今回は定番メニューのカンボジアカレーを食べました。

骨付福味鶏とサツマイモのカレー

こちらは「骨付福味鶏とサツマイモのカレー」です。

こーさんのうち 鳥とサツマイモのカレー

カレーから時計回りに、紫米のごはん、アジアンピクルス、その上がナッツとタマリンドのチャツネ、サラダです。

カンボジアカレーはレモングラスやこぶみかんの葉っぱなどをベースにココナッツミルクたっぷりの辛くないカレーです。

定番の鶏肉とサツマイモ(かぼちゃのことも)のカレーはマイルドで、やさしい味です。ココナッツミルとレモングラスのちょっと爽やかな感じが、アジアの雰囲気がします。

ナッツとタマリンドのチャツネは「カレーやサラダにどうぞ」とのことでした。

タマリンドはアジアの暑い所で栽培される豆の仲間で、チャツネは食べると甘酸っぱい梅のジャムのような印象でした。

これを、カレーにいれるとちょっと印象が変わります。

そしてアジアンピクルスに、柿が入っていてこれもまた、あまり食べたことがなかったですが甘酸っぱくておいしかったです。

白身魚とエビのカンボジアカレー

こちらは、「白身魚とエビのカレー」です。

こーさんのうちの白身魚とエビのカレー

こちら、写真だと具が見えませんが、エビとお魚が入ってます。

ちょっと辛いものが好きな私たちは、ピクルスの左上にある「自家製チリペースト」をトッピングで頼みました。

ココナッツミルクのやさしいカレーもいいけど、こちらを少し入れるとピリッとまた違う味に変わって楽しめます。

ペーストは結構辛いので、2人でひとつで十分の量です。

カレーにサラダにも、チリペーストやチャツネ・ナッツと卓上のナンプラーをかけたりして、どんどん変化していく味がおもしろかったです。(混ぜすぎでしょうか…)

カンボジアの食だけではなく、文化を体験することも

少し中心地から少し離れていますが、他では食べられないカンボジア料理は行ってみる価値ありです。

スイーツも「バナナちまき」や「かぼちゃのココナッツしるこ」など、日本ではあまり見かけないものばかり。こちらも食べてみたいので、また伺います!

お食事は他にも、カンボジア料理のプレートっていうのもあり、カレーではないおかずも食べられるようです。こっちもおいしそうですよね……目移りしてしまいます。

お店では、ハーブサウナができたり、ヨガや料理教室、朝市などイベント盛りだくさんです。

松本で、カンボジアの生活や習わしにふれることができますよ。

こーさんのうちの店舗情報

松本 こーさんのうち外観

住所:長野県松本市島内4499‐1
電話 :0263-88-5365
営業時間 :11:00〜17:00
定休日 : 毎週 日曜日 (イベント出店のため臨時休業あり)祝日は不定休

お店のホームページ→アジア料理とカフェとサウナ こーさんのうち

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする