里山の風景とおいしいキッシュでゆっくり過ごす、ヤマベボッサへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

里山辺の秋の風景

松本市街地から比べると、ぐっと山が近くなる地区、それが里山辺(さとやまべ)です。

そんな里山辺にある「ヤマベボッサ」。

美ヶ原やアルプスを眺めながら、身体においしいご飯を食べてゆっくりしてみませんか。

松本民芸館前のバス停の目の前なので、見学後に休憩もおすすめですよ。

ヤマベボッサはこんなお店

ヤマベボッサの外観

ヤマベボッサ、実は「谷中ボッサ」として2016年秋まで東京下町の谷中にお店がありました。

谷中界隈が大好きだった私、谷中ボッサにも何度か伺ってました。

ただ、移転していたことは知らなかったので、松本に移住してきてから「ヤマベボッサ」があることを知った時はびっくり。

ヤマベボッサは古い日本家屋で、玄関で靴を脱いで上がるスタイル。

2階にあがると、美ケ原・アルプスを見ることができます。

畳にちゃぶ台、そして大きなスピーカーからボサノバが流れます。

1人で来ていた女性のお客さんが、お昼ご飯を食べた後本を読みながらうとうとしてました。わかります。

お腹がいっぱいになって、ポカポカしていたら眠くもなっちゃいますよね。

そんなゆったりとした時間が流れるヤマベボッサ。ゆっくり、山を眺めながら「ぼ~っ」とするときにぴったりです。

面白い割引も

メニューの下に書かれていたちょっと面白い割引がありました。

  • 学生割り / 学生証提示で -100円
  • 民芸館割り / 民芸館チケット半券で -30円
  • おっとぼけ美術館割り / -10円
  • 歩行者&自転車割り / -10円

この日私は自転車で行ったので、しっかり10円割り引いてもらいました。

おっとぼけ美術館」は民芸作家の故・宮田嵐村さんが作る「道神面」や民芸品を展示する小さな美術館。

ヤマベボッサからほど近い場所にあります。私もまだ行ったことがないのですが、かなり気になります。

ヤマベボッサのメニュー

ランチ

ヤマベボッサのランチ

伺ったの日のキッシュランチは以下のメニュー。

毎日ツイッターでキッシュランチのメニューを紹介してくれていますので、行く前にチェックするのもいいですよ。

ヤマベボッサのランチはキッシュがのった日替わりのプレート(1080円)。平日のランチは基本この1種類だそうです。

自家製酵母パンとスープセットもありますが、お店の方によると「量は少ないです」とのこと。

この日のキッシュ、まわりはサクッ!中はやわらかでおいしかったです。白ネギとかぼちゃの甘さとふるふるのやわらかさで幸せ……!

玄米ご飯が多いようですが、今回はもち麦ごはん。これがモチモチ!「もち米が入っているのでは!?」と思うほど。

もち米は入っていないけど、圧力鍋で炊いているからかも……とお店の方。

ごま煮にしていた「とうのいも」は在来種で里芋の仲間。味や食感は里芋にそっくりでした。

小さなデザートが付くのも嬉しい。一緒に飲みたくて食後のコーヒーも頼みました。

ヤマベボッサのコーヒー

キッシュランチを頼むと、コーヒーは120円で付けられます。

土曜日限定でパスタランチも始まったとのことで、こちらも気になりますね。

ケーキとコーヒー

ヤマベボッサのガトーショコラとコーヒー

別の日には、ケーキを食べに行ってみました。

ヤマベボッサではコーヒー豆は自家焙煎。

頼んだのはガトーショコラ。私、これ好きでした。濃厚でコーヒーにぴったりです。

他にも季節で変わるケーキやタルトがたくさん。

ヤマベボッサでゆっくり里山の風景を

ゆっくり時間の流れるヤマベボッサ。

おいしいご飯を食べてお茶も楽しんだら、ゆっくり流れる時間を楽しむのもたまにはいいですよね。

ちょっとウトウトしたり、本を読んだり、日が暮れていくのを眺めたり……ゆっくりくつろぐことが出来るお店です。

ヤマベボッサの店舗情報

住所:長野県松本市里山辺1610-10
電話 : 0263-55-6442
営業時間 : 11:30~18:00(ランチは14:30まで)
定休日 : 日・月曜日

※駐車場はお店の前に1台

ホームページ:ヤマベボッサ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする